検索
  • kyo ten

哲学書の読み方

私は50歳を超えてから哲学書をよく読むようになった。それまではドラッガーとかトヨタ方式、その他その時に旬なビジネス書などを読んでいた。でも50歳を超えると、うまくいったビジネス書やハウツー的なマニュアルのようなものは読まなくなった。きっと自分の仕事の流儀がある程度固まってきたからだと思う。


哲学書を読むときは頭の中を真っ白にしてはダメだと思う。。自分の(仕事に対する)思想と哲学者の概念を突合させる。一致する場合もあるし、相反する部分もある。それを自分なりに消化して、仕事の流儀を良くしていく。これが本来の哲学書の読み方だろう。


仕事の支援所

https://www.work-support.biz/


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リテールの商品開発とはどうあるべきか? 一般的にはベンダー(食系問屋)経由で開発を行っている。 そうなると問屋のマージンが乗るため、メーカーの製造原価を確認することはできない。 その上、メーカーもベンダーに逆らうことができない為、 その構図は更に強固となってしまう。 それを回避するためにはリテールがメーカーへ直接訪問して、 そのコンセプトなどをしっかり伝えて、共同で商品開発をするべき。 ただし今ま

昨年12/9日経。米発中国向けコンテナの記事。 米国→中国のからコンテナが急増しているとのこと。 その上、コンテナ流通において日本がスキップされているようである。 以前も投稿したが、海外で作って日本へ輸入する、 このマスのスキームが崩れると言うことだろう。 初めは中国、東南アジアの労務費上昇から始まっていた。 ここにきてサプライチェーン自体が混乱している。 私の考えは国内の有力な中小企業と組んで、

お客様からのクレームの回答書。 どのメーカーもそれなり(?)に原因・対策を立案する。 しかしその報告書の中には「徹底」「強化」という単語が多く記載されている。 メーカーはこの単語の定義をしっかりやるべきだろう。 当社にとって「徹底・強化」と言う言葉の意味は 「ルールの立案」 「その教育」 「ルールの遵守」 の3つを行動し、その記録を取ること。 今のグローバルスタンダードでは品質保証に関する記録を求