検索
  • kyo ten

シンプルプロジェクトマネジメントの有用性

プロジェクトマネジメントは皆さんわかっていらっしゃると思います。社内にはプロジェクトが乱立していないでしょうか?プロジェクトにすれば、課題が解決するような幻想をいただいているのかもしれません。しかし書類作成に苦労をされているのではないでしょうか?進捗管理をしたり、報告書を作成したりと、本来の課題解決に対して深く考えることをしていないと思います。言い換えれば管理するために、プロジェクトマネジメントを実施していると言っても過言ではありません。そんなプロジェクトマネジメントは捨ててしまって、シンプルで簡単なプロジェクトマネジメントを活用しましょう。


プロジェクトマネジメントをまとめているアメリカのPMIでは多くのプロセスを要求しています。それ自体は悪いことではなく、必要に迫られて実施しています。しかしそれをそのまま行おうとすると、前述した通り、書類作成に追われる日々となってしまいます。そこで当社はシンプルなプロジェクトマネジメントを提言しています。スコープ、品質、タイム、利益、集結という5つのマネジメントをしっかり行えば、プロジェクトは成功します。

それは大きな仕事だけではなく、日常の仕事にも適用できます。そのスキルは非常に簡単です。ぜひ、皆様が仕事を進めるうえで、”仕事の流儀”の一つとして習得してみましょう。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

リテールの商品開発とはどうあるべきか? 一般的にはベンダー(食系問屋)経由で開発を行っている。 そうなると問屋のマージンが乗るため、メーカーの製造原価を確認することはできない。 その上、メーカーもベンダーに逆らうことができない為、 その構図は更に強固となってしまう。 それを回避するためにはリテールがメーカーへ直接訪問して、 そのコンセプトなどをしっかり伝えて、共同で商品開発をするべき。 ただし今ま

昨年12/9日経。米発中国向けコンテナの記事。 米国→中国のからコンテナが急増しているとのこと。 その上、コンテナ流通において日本がスキップされているようである。 以前も投稿したが、海外で作って日本へ輸入する、 このマスのスキームが崩れると言うことだろう。 初めは中国、東南アジアの労務費上昇から始まっていた。 ここにきてサプライチェーン自体が混乱している。 私の考えは国内の有力な中小企業と組んで、

お客様からのクレームの回答書。 どのメーカーもそれなり(?)に原因・対策を立案する。 しかしその報告書の中には「徹底」「強化」という単語が多く記載されている。 メーカーはこの単語の定義をしっかりやるべきだろう。 当社にとって「徹底・強化」と言う言葉の意味は 「ルールの立案」 「その教育」 「ルールの遵守」 の3つを行動し、その記録を取ること。 今のグローバルスタンダードでは品質保証に関する記録を求