​ミッション

■当社の考えるコンサルティング
専門性とマネジメントに精通している当社は、実体化のために「当事者」として行動する”動的”コンサルティングを行います。
外野席から”評論”するだけのコンサルティングが溢れています。戦略のみならず、戦術+行動まで紐付けます。

■思想
お客様にとって価値ある商品を提供するシンプルな考え方を皆様の行動まで繋げ、成果を創出することを「当事者」として働きます。そのために必要な手段が「品質保証」「商品開発」「バックキャストマネジメント」です。

思想イラスト2.png
​ お客様にとって価値ある商品
価値.png
■絶対条件
食品安全、品質保証が担保されていること。
■前提条件
美味しいこと、使いやすいこと。
価値を上げるには、Fを大きくするか、Cを下げるか。​そう考えていくと、デフレの中では以下のパターンとなる。
(1)機能をそのままで売価を下げる
  V=F→/C↘︎
(2)売価をそのままで機能を上げる
  V=F↗︎/C→
(3)機能を下げ、売価を大きく下げる
  V=F↘︎/C↘︎↘︎
​ サプライチェーンの変革
価値ある商品を作るには、サプライチェーン変革が必須。直接メーカーと商品作りに関与することが重要施策の一つ。
キーワードは【川上へ】。
サプライチェーン2.png
​実現するための手段
​お客様にとって価値ある商品を作るためには、専門性とマネジメント力が必要です。特に以下の3つが重要要素です。

■品質保証
商品の絶対条件である品質保証は、サプライチェーン全体が意識し、行動しなくてはなりません。そのためには、川下からの活動が不可欠です。
またISO22000:2018というグローバルスタンダードでの品質保証体制の確立が重要要素です。
★川上に対する品質監査する力
★サプライチェーン全体の品質保証の育成
★お客様の期待を超えるクレーム対応

■商品開発
商品の前提条件である「美味しさ」「機能」を実現するために様々な専門性が必要です。製造方法、配合、pH、水分活性など美味しさに影響することは多くあります。
★製造技術の知見と拠点との交渉力
★配合の技術的な知識と実践力
★その他原料、包装材料に対する知識

■バックキャストマネジメント
プロジェクトマネジメントにて課題を遂行するには、このバックキャストマネジメントが重要です。簡単に言えば「目標から考える」ことです。
★目標、納期から業務を逆算する。
★これにより課題の明確化
★マスタースケジュール立案スキルが全てをコントロール